医療機関で処方してもらった外用薬でシミ治療

外用薬でシミをケア

若いころのスポーツでシミが増えた : 外用薬でシミをケア : シミが薄くなってきた!

医師からもトレチノインクリームは副作用として、反応性の皮膚炎が起こる可能性が高いと指導を受けており、これは薬で強制的に肌の古い角質を剥離させていることが関係しているときちんと理解してたので、慌てることなく適切に利用することができたのでやはり医療機関できちんと相談をすることは大切だと実感しました。
トレチノインクリームを利用した後には、ハイドロキノンクリームを若干広めに塗り広げていきます。
ハイドロキノンクリームはシミの原因となるメラニンを作り出すチロシナーゼの活性を阻害する効果を持ち、色素沈着を薄くする漂白効果も持っています。
医師からはニキビ跡やニキビの原因となる角質詰まりにも効果があると指導を受けたので、シミの気になる部位以外にもニキビ跡にも塗布するようにしていました。
最初はヒリヒリとした刺激感しか感じなかった外用薬を利用したシミ治療ですが、実際に効果を実感し始めたのは使い始めて約1週間ほど経ってからです。
クリームを塗布した部位の皮膚が赤くなり、最終的に垢のようにポロッと剥がれるようになりシミがだんだんと薄くなってきました。
使い始めてこんなに早く効果が得られると思っていなかったのでかなり嬉しかったですし、最初は刺激が強かった薬も肌が慣れてきたのか刺激を感じることが少なくなりました。